2006年8月 4日 (金)

金峰山の上に神社があるの?

Rimg0063

霧島東神社のようにまたまたオーブが5~6個写っている
お出迎えしてくださっているのかな?
鳥居をくぐり抜けたところ

      

母の家から金峰山が大きく見える。

雲がかかると必ず雨が降ると言われている山。

何時も見ているのに数年前に始めて山の頂上に神社があることを

知った。後から東京から来たレイカパパは釣り三昧。

レイカパパが海に行ってる間、母と私 女2人で行こうと言う事になり

タクシーにTEL 田舎は路線バスがないとタクシーだからお金が

かかる。

今までお年寄りには300円×10枚のタクシー補助券が出ていた。

ここは焼酎で有名な宝山など焼酎会社が3社あって財政が豊か

だったからタクシの補助券と年一回年寄りを集めて食事会があった

が財政貧しい町と今度合併になって廃止されるそうだ。

食事会が楽しみだったのにと母はがっかりしていた。

       

タクシーの運転手さんが毎年乗せてたお客さんで学校の先生を

定年退職して金峰山で修行していた女の人がいたそうだ。

女一人で山の中怖くないんですかね~~と話しながら到着

Rimg0062

Rimg0065_1

Rimg0073

修行しそうな神社だった。前の人はろうそくを沢山つけて祝詞を上

げてたので修験ぽい雰囲気だった。

阿久根から来ていた親子ずれはここはご利益が凄いので

しょちゅう来るとか。漁業だそうなので来ると大漁なんだろう

(写真はクリックすると大きく見れます)

                       

頂上からの眺めが素晴らしい

Rimg0068

桜島と錦江湾が見える

Rimg0072_1

海もきれい!  雲もきれい!

Rimg0071

      

ついでに母の住む海岸から見える岬に野間神社があるので行こうと

言う事になったが、まだ着いてないのにメーターは9千円になってる

これぁ~相当かかるな  行こうと言わなきゃ良かったと思った途端

運転手さんがメーターを止めた。 ええ???いいのかな~~~

Rimg0077

天文には島津公が改築し建物は壮健の美を極めたとある

何度も台風で倒れて現在の地に建立されたそうだ

なんとなく沖縄の感じがした。

   

今日の運転手さんは遠出する時頼む運転手さん

自分もず~と来てなくて拝めたから途中で止めたメーターで言いと

言ったが それじゃ~あまりに悪いので 私が一万円。

母が三千円と途中で買ったすいか1個を上げた

ま~行きたいと思っていた神社に行けて良かった。

                   

Rimg0061

Rimg0059_1

         

 ランキング参加中です  タグをクリックすると一票入ります

     

            見てくださってありがとう

            あなたのやさしさに感謝します         

    

2006年7月31日 (月)

霧島神宮

Rimg0041_1

霧島神宮はこの屋根の傾斜がとても美しい。

普通正面に立つと賽銭箱の奥に拝殿が見えるものだが霧島神宮は

階段になっていて上に拝殿があるので見えないのだ。

数年前に祈祷していただいた時 さ~~と神風が吹いた。

Rimg0044_2

               Rimg0045

Rimg0043_1 

もの凄く大きな神木

私は霧島神宮が元あった場所が好きだ。

韓国岳と山々に囲まれた高台に大きな鳥居と岩しかないが

天孫降臨の地って感じで山と空とその場を私独り占め!!

私は小学6年まで鹿児島に居たのだが修学旅行で行った湖にとて

も行きたくて数年前行って来た。龍神伝説の湖なのだ。

この湖が枯れちゃうと龍が住めなくなると言ったガイドの言葉が

頭の隅に残っていてどうなったか実際見てみたかった。

満々と水をたたえ神秘的だった。その時は韓国岳に雲がかかって

いたが私が大岩に座って湖を眺めている間さ~~ととれてくれた

その時タクシーの運転手さんが元霧島神宮に連れてってくれたのだ

その人は祀ってある神様や神社と神々の繋がりとか本当に詳しく

説明してくれた。観光地のタクシー運転手なんだからお客様に説明

できるように勉強したそうで1回乗ったお客様から次は使命される

そうだ。九州だったら何処でも行って説明できると言うから凄い!

若い運転手に勉強しろ!お客様が付いて自分の収入にもなるのだ

からと言っても今の人は勉強しないらしい。

だから霧島神宮が元あった場所に行きたいといっても知らない

運転手さんもいるそうだ。

霧島は高原あり牧場、温泉、箱根のようにお湯が噴出している所

神社など見る所の多い観光地。ものすごく広いのだ。

私も霧島に行くとこの人にお願いしている。

今回は時間の関係で元には行けなくて残念だった。

Rimg0048

素敵な駅です

Rimg0052

鹿児島のシンボル  桜島

桜島を見るとあ~~帰って来たんだな~と実感する

ところが~~~バスが~~~~無い

19時でもうないのか~~~あまかった

またタクシーか 

              

 ランキングに参加中です  こちらをクリックお願いします

      

            毎日の一票がうれしいな!

      

2006年7月19日 (水)

まか不思議 霧島東神社

私はこの神社に来るといつも不思議な感覚になる。

ほんとにこんな神社見たこと無い。

だってこの門のところの写真だっていくら太陽が当たっていたって

不思議!丸い模様が沢山ある。

しばらく歩いて本殿に行ったら後ろに太陽があるはずなのに

さーと目の前に光線が降りてきたのだ。

よく見て 見て 本殿にも丸い模様があるでしょう。

Rimg0030_1

                Rimg0034

不思議といえば沖縄の斎場御嶽に行った時も観光客の若い女性

2人の頭上に虹色のシャボン玉が写っていたけど迷惑になると

いけないから載せなかった。

         

霧島はいつもタクシーで周っている。

タクシーの運転手さんに若い女性が本殿の前で縦笛を奉納した

と聞いた。どこからか笛の音がするから様子をみるとその女性

で結構長く吹いていたそうだ。

私は何もできないけど何かしたくて次の年 タオル2枚持ってて床を

乾拭きしたことがあった。       私もなんか奉納したいよな~~

残念   今回も芸はなし

          

本殿は黒塗りで柱や窓が赤。  個性的だ 

そして極め付けがこの拝殿。龍神が拝殿を守っているのだ。      

Rimg0038_1

シーンとしてたのに私が本殿に行く階段を上がった途端かえるが

一斉に鳴きだした。

誰もいない神秘的な拝殿で祝詞をあげ、ちょっと瞑想した。

暗くてちょっと怖いけどまか不思議な感覚になる。

さすが山ん中やぶ蚊が飛んでくる。  退散

Rimg0028_1       Rimg0023

神龍の池

この池は龍神の安息池にして太古より霊泉として効験あらたかなり

されど東方よりこの池に女人の影が映れば異変ありと伝えられる

とあるから下の池かもしれないけど井戸かなと思って 影が映らない

ように端っこから霊水を頂いてる。

そしてここの神職さんにあうとラッキーと言われている。

それ程いつも居ないのだ。

多分4~5回来てるがお会いしたことがない

今回は行かなかったが もし行く機会があったら霧島神宮が元

あった場所もお薦め。

韓国岳や山々に囲まれた高台に鳥居と岩があるだけだが

天孫降臨地て感じで清清しい気が満ちている。

           

Rimg0087

本文と関係ないのだが これは七福神が船に乗っている絵を字で
書いたもの。中国の書道家に書いて貰った。
縁起がいいのだが字の配分が難しいので今では中国でもこういう
ものを書く人は少ないとか。
商売繁盛するように知り合いの社交ダンスの経営者に差し上げて
教室に飾ってあるのだが連日超満員。
新しい人はお断りしているそうだ。
社交ダンスは先生たちが独立するので教室が多すぎて
こんな嬉しい悲鳴をあげるなんてそんなにない。
この絵は凄く縁起が良くて船でお金を運んでくれるというもの。
一字一字ではなく財と招の例なら手偏で繋がっているの
分かります?二文字づつ組み合わされています。
この中国の書道家が書くと字から光がでているそうだが
光がでなくても真似して書いたのを家に飾ってみたらどうだろう。
小銭ぐらい入るかも??
いつも応援してくださっている皆さんへ 私からのお中元です

        

 ランキングに参加中です  こちらをクリックお願いします

      

            毎日の一票がうれしいな!

      

2006年7月18日 (火)

メルヘンの世界 鵜戸神宮

Rimg0021

宮崎空港には霧島東神社に行くのに降りたのだが着いた途端

まだ行かなくてはいけない神社があると ヒラメイた☆

あ!鵜戸神社だ。行きたいと思っていたけど遠いので諦めていた。

でもまだ10時だ。遠くても行けるかもしれないと案内所へ  なんと

すぐ出発とのこと。そして1時間ちょっとしかかからないしバス便も

1時間に1本はあるそうだ。バスを降りて海を見ながら10数分は

歩く。途中お店があって神社までまだ歩くからカバンを置いてったら

と声をかけてくれた。

日向夏というジュースを飲んだがとても美味しかった。

Rimg0006_2

             Rimg0007_1

門から ハッ!!とする美しさ。そして海とのコントラストが絶景。

日向灘。 本堂の手前は下りの階段。そこから見る景色もこれまた

絶景   今日は晴天   素晴らしいとしかいい様がない

ここはあの海彦、山彦の神話の神社なのだ。

          
山幸彦は兄の海幸彦の釣り針を海に落としてしまい見つけてくれた
海神の娘 豊玉姫と結婚して姫は御子を身籠った。
尊は海辺に鵜の羽を葺いて産屋を作らせた。絶対覗かないように
と約束したのに尊は覗いてしまう。そこには大鰐(龍?)の姿をして
出産している姫がいた。恥じた姫は御子を置いて綿津見国に帰って
しまう。こんな経緯で生まれた皇子を祀ってあるのが鵜戸神宮なの
だ。姫は産み落とした御子の為に岩からお乳がでるようにと残した
のが  ”お乳岩”なのだ。

 Rimg0011

              Rimg0015

Rimg0017

まるでメルヘンの世界。なんと美しい社殿だろう。

祝詞をあげると第3の目にビンビン波動がくる。

洞窟の中にあるので鍾乳洞のようにあちこちからぽたぽたお水が落

ちるので全体的にぬれている。

Rimg0020_1

帰りに縁起のいいおまじないをした。

亀石の中に運玉を入れると願いが叶うというもの。5コ100円

石の窪みの中に上から小さな運玉を投げるのだが結構難しい

男性は左手 女性は右手で投げる。3回投げて入らないので

”神様  お願い”と言って投げたらやっと入った。  めでたし

     

能天気にステキステキと見ているが昔は地の果てを思わせ

時には容赦の無い風雨と荒波が打ち寄せる日向灘。

この地で修験者が霊性を磨き高めるために修行した場だそうな

今日はお天気がいいから最高だったけど

風が強いと階段を下りたり海を見るのも怖いだろうと思う。

神様がいらしゃるのはどうして山奥とか海の岬の端とかなんだろう

会いに行くのも大変だ。  でも思いがけず念願叶って良かった。

         

 ランキング参加中です  タグをクリックすると一票入ります

     

            見てくださってありがとう

            あなたのやさしさに感謝します